先ほど電話で私が一昨年重粒子線治療を受けたセンターにPSAの値を報告した。
PSA0.81という値は経過良好とのことである。
このように重粒子線治療センターには
自宅の近くの医者で計ったPSAの値を定期的に報告しなければならない。
また、重粒子線治療の副作用と思われることがらについては
センターに相談をすることとなっている。
今回、肛門からの出血の話をしたが
まずは痔だと診断されていればその痔の治療を行っていただき
どうしてもそれで治らないとなると
重粒子線の副作用なのか否かを判定するために
腸の内視鏡検査を行うということになりますと言われた。
なんか少し不安になりました。

久留米大、放射線治療の新施設 九州初など最新機器そろえ - 日本経済新聞
久留米大学は1日、がん治療の最新機器などをそろえた「放射線腫瘍センター」(福岡県久留米市)の診療を始めた。コンピューター断層撮影装置(CT)で撮影した腫瘍の画像 ...
(出典:日本経済新聞)


重粒子線そのものは陽子線と同様シンクロトロンを用いて発生させる。 2007年当時、実際に治療を行っている重粒子線がん治療施設は、世界に3ヵ所(放射線医学総合研究所内の重粒子医科学センター病院、兵庫県立粒子線医療センター、ドイツのダルムシュタットの
19キロバイト (2,816 語) - 2018年12月24日 (月) 02:24



(出典 image.yomidr.yomiuri.co.jp)