気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 性病

    最近疲れやすくなっているが、エイズではないだろうか?
    若いころに心当たりがない、といえばウソになる。
    でも検査に行くのはやっぱり怖い。

    エイズウイルスの完全除去に成功ってホントかな?


    (出典 www.hivkensa.com)



    1 ガーディス ★ :2019/07/06(土) 11:38:37.22 ID:jNFPs/909.net

    米テンプル大とネブラスカ大の研究チームがエイズウイルス(HIV)に感染したマウスのゲノムからHIVを完全除去することに成功したことを7月3日に発表した。

    論文は、雑誌「Nature Communications」に掲載されている。

    Sequential LASER ART and CRISPR Treatments Eliminate HIV-1 in a Subset of Infected Humanized Mice
    https://www.nature.com/articles/s41467-019-10366-y
    長時間作用型の薬剤送達システムとCRISPR-Cas9の併用が功を奏した
    Howard Gendelman、Kamel Khaliliたちの研究チームは、『長時間作用型の薬剤送達システム』と『CRISPR-Cas9』による遺伝子編集技術を組み合わせることでHIVを除去できるのではないかと考えた。

    体内で抗ウイルス剤をゆっくりと放出させて数日間にわたりウイルスの活動を抑制するとともに、HIVに感染した細胞のDNAのうちの関連する部分を切断してウイルスの遺伝コードを除去するという仕組みである。

    例えると、身体の隅々まで爆弾を仕掛けて爆破した後に、生き残ったウイルスどもを直接倒すというような感じだろうか。(例えられているかわからない笑)

    この併用療法による結果、全体の約3分の1のマウスでHIVが検出不可能なレベルまで低下した。今回の研究では、これらのマウスをいくつかの手法で調べ、HIVに感染した細胞・組織部位で、治療後の5週間、HIVは検出されなかった。

    人間での実験に向けて
    現在、エイズ患者達はARV(抗レトロウイルス薬)を定期的に飲み続けることにより、なんとか伝搬の可能性が減っている。しかし、ARVは正常な細胞を感染させようと活発に働いている最中のウイルスに対しては高い効果を発揮するが、活動休止中のウイルスにはあまり効き目がないのである。

    そして、エイズウイルスはARVのこの特性を『学習』するように進化を遂げつつあり、いずれ変異してARV耐性を獲得する恐れがあるのだ。

    そんな中、今回の研究はエイズ患者に手を差し伸べるような結果であり、今後の展開を待ちわびている人も多いことだろう。

    研究チームは技術を改善し、霊長類での実験を経て臨床試験を目指している。HIVに感染した場合、現在は抗ウイルス薬を長く服用し続ける必要があるが、体内からHIVを除去できれば、抜本的な治療法になる。
    https://vaience.com/medical-science/20190704-mouse-hiv-treatment/


    【【研究】エイズウイルスの完全除去に成功】の続きを読む

    昔は性病は命取りだったんだよな。
    おいらも江戸時代に生まれていたら
    きっと性病で命を落としていただろうな‥。

    江戸時代における吉原遊廓の実態と古写真。遊女たちの性病・梅毒



    【江戸時代における吉原遊廓の実態と古写真。遊女たちの性病・梅毒】の続きを読む

    もう二十年ほど前、四十歳ぐらいの時に
    亀頭がかゆくなりやがてアカギレのようになって激しく痛み出した。
    性病に違いない・・・と心当たりの一つぐらいはあったので
    医者に行った。
    医者からは、これはカビの一種の皮膚病で性病ではないと言われた。
    私が初期症状の段階で接見で洗いまくったのがかえって悪化を招いたとのことで
    抗生剤を飲んだら一週間ほどで完治をした。
    その後はこのような症状にかかったことはないが
    今度またかかったら医者から言われた通りに
    石鹸では洗わずぬるいお湯で洗うことに心がけようと思う。

    性交なしでも罹患する性病の意外な感染経路とは - ダイヤモンド・オンライン
    医療機関を受診した妻は医師からある“性病”に感染していることを告げられ、きょとんとしてしまった。それもそのはず、妻は夫との“夜の生活”も浮気も皆無。まったく“ ...
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)


    性感染症 (性病からのリダイレクト)
    性感染症(せいかんせんしょう、性行為感染症、性病、英: sexually transmitted infections: STI, sexually transmitted diseases: STD, venereal diseases: VD)とは、膣性交、肛門性交、口腔性交を含む性行為によって
    30キロバイト (3,669 語) - 2019年4月13日 (土) 03:51



    (出典 www.y-cn.jp)



    【性病かと思ったらカビだった( ゚Д゚)】の続きを読む

    10年ほど前だが
    腎盂腎炎と言う病気にかかり夜だけ高熱が続いた。
    結局一週間ほど入院して点滴で直したが、高熱が39度とかでかなりきつかった。
    医者によると原因はこれは性交などでペニスからばい菌が入るものだと言われた。
    私にはその心当たりはなかった。

    キレイにキープで心地よいセックスを!  性器の正しいメンテナンス術 キレイにキープで心地よいセックスを! 性器の正しいメンテナンス術
    …るので、雑菌が入り込む可能性は少ない。が、もし入ると、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、それに前立腺炎などになってしまうこともある。これは、かなり低い確率でし…
    (出典:ライフ総合(Tarzan Web))


    腎盂腎炎(じんうじんえん、拉: pyelonephritis)は、細菌感染を原因とする腎盂ならびに腎実質の炎症。臨床症状として血尿、混濁尿、膿尿、細菌尿、発熱を特徴とする。病理学的には腎杯の炎症、壊死、変性が認められる。ウシではCorynebacterium属菌(特にCorynebacterium
    4キロバイト (643 語) - 2018年1月22日 (月) 08:49



    (出典 www.karadane.jp)



    【腎盂腎炎で高熱が出た( ゚Д゚)】の続きを読む


    梅毒は急増エイズは減少!?…性感染症ついてもっと知ろう



    【梅毒は急増エイズは減少!?…性感染症ついてもっと知ろう】の続きを読む

    このページのトップヘ