気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: すい臓がん

    昨日、帰省してすい臓がんの叔父に会ってきた。
    叔父は癌とは思えぬほど元気で古屋のリフォームに励んでいた。
    叔父のリフォームした家で親戚一同集まってバーベキューをした。
    叔父は喜んでいた。
    叔父は今現在は癌治療をしていない。
    自分の意志で癌治療をやめた。
    「医者からは五年と言われたけど、ワシは10年生きる・・はは」
    と言っていた。
    叔父は70である。
    私も叔父のように、いつか自分の生き方を考え決めなければならない時が来るのかと思った。
    別れ際、叔父は涙ぐんでいた。

    がんに罹りにくい血液型は何型? 医師らが解明 - Sputnik Japan
    スウェーデンのカロリンスカ研究所の医師らは、50年前にイギリスの病院で行われた、血液型O型患者はがんに罹りにくいという研究を確証することができた。
    (出典:Sputnik Japan)


    膵癌 (臓がんからのリダイレクト)
    膵癌(すいがん、英: Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、極めて予後は悪い。 自覚症状としては腹痛や体重減少等があるが、特異的な症状はなく、早期の場合はほとんどは無症状で、多くは進行してから発見されるこ
    16キロバイト (2,518 語) - 2019年8月6日 (火) 13:48



    (出典 www.nhk.or.jp)



    【すい臓がんの叔父は元気だった】の続きを読む

    私のおじさんの話ではやはり食欲がなくなると言っている。
    それも顕著ではなくなんとなくぐらいの感じらしい。

    元政治家・松浪健四郎、前立腺ガン治療中に別のガンを早期発見 元政治家・松浪健四郎、前立腺ガン治療中に別のガンを早期発見
    …のない者にとっては、未知の恐怖がある。そこで、前立腺ガン、腰骨の悪性リンパ腫、膵臓ガンを克服した元政治家の松浪健四郎さん(72)を訪ね、ガンの予兆を感…
    (出典:人(SmartFLASH))


    (すいがん、英: Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、極めて予後は悪い。 自覚症状としては腹痛や体重減少等があるが、特異的な症状はなく、早期の場合はほとんどは無症状で、多くは進行してから発見されること
    16キロバイト (2,518 語) - 2019年8月6日 (火) 13:48



    (出典 www.nurse-at.jp)



    【すい臓がんの予兆】の続きを読む

    私のおばさんはすい臓がんで亡くなった。
    余命数か月と言われながら5年生きた。
    無類の酒好きだった。
    その看病をしたご主人であるおじさんは
    おばさんが亡くなって2年後にすい臓がんと診断され
    余命数か月と言われて現在三年経っている。
    あり得ないのだが感染でもしたように同じ癌になってしまった。
    おじさんは酒は全く飲まない。
    癌と酒は関係あると言うが関係ない人もいるようだ。

    5年生存率わずか10%、怖い膵がんを小さいうちに見つける方法 - 日経Gooday
    早期発見が難しい、見つけても手術できないことが多い、手術できても転移することが多い…こうした特徴ゆえ、膵臓がん(膵がん)は「がんの王様」と呼ばれる。特集第3回と ...
    (出典:日経Gooday)


    膵癌 (臓がんからのリダイレクト)
    膵癌(すいがん、英: Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、極めて予後は悪い。 自覚症状としては腹痛や体重減少等があるが、特異的な症状はなく、早期の場合はほとんどは無症状で、多くは進行してから発見されるこ
    17キロバイト (2,551 語) - 2019年8月6日 (火) 03:27



    (出典 business.nikkei.com)



    【親戚にすい臓がんが多いのはたまたまでしょうか?】の続きを読む

    私の叔父さんは70歳で3年前にすい臓がんが発見された。
    手遅れであり余命数か月と聞かされたらしいが
    今も元気で自分の好きな大工仕事を趣味でしている。
    驚くことに薬は一切飲んでいないし治療もしていない。
    食べ物の味が変わる。嘔吐する。
    そのような不快で辛い副作用をしてまで長生きしたくないと言い張っている。
    今はいったい本当に癌なのかというほど元気で
    食事も喜んでしているのを見ると
    これでいいのではないのかと思ってしまう。

    分子標的治療薬、膵臓がんの進行を抑制 研究 - AFPBB News
    【6月4日 AFP】分子標的治療薬が膵臓(すいぞう)がんの進行を有意に減速させる可能性があるとの研究結果が2日、発表された。
    (出典:AFPBB News)


    膵癌 (臓がんからのリダイレクト)
    膵癌(すいがん、英: Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、極めて予後は悪い。 自覚症状としては腹痛や体重減少等があるが、特異的な症状はなく、早期の場合はほとんどは無症状で、多くは進行してから発見されるこ
    17キロバイト (2,549 語) - 2019年7月30日 (火) 06:45



    (出典 www.nk-m.co.jp)



    【すい臓がんは恐ろしいと言うが・・・人それぞれの治療法や生き方がある】の続きを読む

    私の友人で40代ですい臓がんで亡くなった方は無類の酒好きであった。
    毎日日本酒を飲み、その量も驚くほどのものであった。

    また、私のおばさんがすい臓がんで亡くなったがこのおばさんも酒が好きで毎晩焼酎を飲んでいたらしい。
    やはり酒が癌に影響するというのはあるのではないかと思った。
    そのおばさんのご主人がおばさんがなくなった5年後に同じすい臓がんだと診断された。
    おじさんは若い頃から酒は一滴も飲まない人だった。
    酒が癌に悪いというが、本当のところはわからないのではないだろうか。

    死因はすい臓がん‥星野仙一さん訃報でわかってきたこと



    【死因はすい臓がん‥星野仙一さん訃報でわかってきたこと】の続きを読む

    このページのトップヘ