和歌山の私のおじさんの話です。
もう十年以上前のことですが
親戚のおじさんが前立腺がんになって治療をしていました。
放射線治療でした。
その副作用で検査をしていたら
もっと進んだ大腸がんが発見されたそうです
が手遅れでおじさんは亡くなってしまいました。
家族は医者を訴えるだとか言っていましたが
結局そのようなことはしませんでした。
セカンドオピニオンと言うのは必要だと思います。
下痢と便秘を繰り返す血便、大腸がんのサインか - NEWSポストセブン
1981年以降、がんは男女ともに日本人の死因1位である。だが、日進月歩で新たな治療法が次々と生まれ、“不治の病”ではなくなりつつある。 6月6日、京都大学の研究 ...
(出典:NEWSポストセブン)


CTコロノグラフィの技術動向/大腸仮想内視鏡:大腸の新たな検査法 Virtual Colonoscopy:An Alternative Approach to Examination of the Entire Colon Liang, J.Z. ^ a b c d e f 大腸がん(結腸がん・直腸がん) 国立がん研究センター
50キロバイト (7,035 語) - 2019年6月13日 (木) 01:05



(出典 www.taiho.co.jp)



【前立腺がんだと思っていたら大腸がんがあり悪化して死亡】の続きを読む