気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 睡眠時無呼吸症候群

    自分ではなかなか、よほどの症状が出ない限りはこの睡眠時無呼吸症候群の受診に行かないでしょう。
    私の友人は会社の大事な打ち合わせの最中にこっくり眠っていびきをかいたとのことで
    皆さんを驚かせてしまい
    これが原因で医者に受信したら睡眠時無呼吸症候群の重症だったとのことです。
    心筋梗塞などにつながるコワい病気です。
    よく昼間に眠たくなるなどの心当たりのある方は早めに受診しましょう。

    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である
    19キロバイト (2,901 語) - 2019年7月20日 (土) 11:31



    (出典 www.moriyama-dent.com)



    コラントッテ(Colantotte) ABAAI TAO ネックレス FINO

    1 病弱名無しさん :2019/07/10(水) 11:45:49.57 ID:I2aYYZG00.net

    睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)
    無呼吸=10秒以上呼吸が止まってしまうこと
    睡眠時無呼吸症候群=無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態

    睡眠時無呼吸症候群の分類
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群=上気道の閉塞によるもの
    中枢性睡眠時無呼吸症候群=呼吸中枢の障害によるもの

    治療
    大多数が閉塞性であり、その重度なものには、CPAP(continuous positive airway pressure)装置を
    睡眠時に着用する治療が行われる

    睡眠時無呼吸症候群の診断
    睡眠時無呼吸症候群の診断には以下の手順を踏む
    (1) 在宅での簡易検査
    自宅でも検査可能な機器を使って、自宅での睡眠時に検査する。鼻の下と手の指にセンサーをつけて
    計測し、睡眠時無呼吸症候群の可能性を検査する
    (2) 入院検査(終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査)
    午後または夕方入院し、1泊しながらポリグラフという機器で睡眠の状態を精密検査する
    (3) 入院検査で重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断されればCPAPによる治療になる。
    CPAPは、就寝中にマスクを装着して気道に空気を送り続けて、呼吸を継続するものである。
    CPAPの処方には再び医療機関に一泊入院して、治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)。
    その結果を持ってCPAPが処方され、レンタルの開始となる
    (4) 中度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群であれば、歯科装具(マウスピース)で治療するケースもある。
    この場合、専門の歯科医が紹介されるのが普通である。
    なお、病院により、(1)を省略して(2)を行うケースや、(2)と(3)を1泊で行うケースもある。
    CPAP処方までには、3割負担で約3万円+病院により差額ベッド代がかかる

    個人輸入
    CPAPを個人輸入したい場合は、睡眠時無呼吸症候群の診断書を取得した上で半年以内に
    https://www.1800cpap.com/
    から購入する。通関時に薬監となるので診断書を元に薬監申請を行う。
    https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iji/kojinyunyu.html


    前スレ
    SAS/睡眠時無呼吸症候群41/CPAP
    https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/body/1553903350/


    【睡眠時無呼吸症候群 昼間に眠たい方は一度受診を】の続きを読む


    睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査は?費用は?保険は効くの?CPAPって購入できる?

    コラントッテ(Colantotte) ABAAI TAO ネックレス FINO
    コラントッテ(Colantotte) ABAAI TAO ネックレス FINO

    【睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査は?費用は?保険は効くの?CPAPって購入できる?】の続きを読む

    まだ睡眠時無呼吸症候群だとわからない時に
    よく夜中にそのまま気を失ってしまいそうな感じで目が覚めていた。
    特に疲れている時にそのようなことになり、必ず寝付いてすぐぐらいの時間にそれは起こった。
    何度も繰り返し起こると、こんどこそ気を失って死んでしまうのではないだろうかと恐怖感が沸き上がりなかなか寝付けないこともあった。
    これは何だろうとその時思ったが毎夜毎夜起こることでもないのでほおっておいた。
    今から思えばもっと早く受診して治療を始めておけばよかったと思う。
    一昨年受診したのだが、それまで20年近くそのような経験を繰り返してきたのだ。
    振り返ってみるとぞっとする。
    下手したら突然死していたのだから。



    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である
    19キロバイト (2,901 語) - 2019年7月20日 (土) 11:31



    (出典 www.moriyama-dent.com)


    1 病弱名無しさん :2019/07/10(水) 11:45:49.57 ID:I2aYYZG00.net

    睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)
    無呼吸=10秒以上呼吸が止まってしまうこと
    睡眠時無呼吸症候群=無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態

    睡眠時無呼吸症候群の分類
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群=上気道の閉塞によるもの
    中枢性睡眠時無呼吸症候群=呼吸中枢の障害によるもの

    治療
    大多数が閉塞性であり、その重度なものには、CPAP(continuous positive airway pressure)装置を
    睡眠時に着用する治療が行われる

    睡眠時無呼吸症候群の診断
    睡眠時無呼吸症候群の診断には以下の手順を踏む
    (1) 在宅での簡易検査
    自宅でも検査可能な機器を使って、自宅での睡眠時に検査する。鼻の下と手の指にセンサーをつけて
    計測し、睡眠時無呼吸症候群の可能性を検査する
    (2) 入院検査(終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査)
    午後または夕方入院し、1泊しながらポリグラフという機器で睡眠の状態を精密検査する
    (3) 入院検査で重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断されればCPAPによる治療になる。
    CPAPは、就寝中にマスクを装着して気道に空気を送り続けて、呼吸を継続するものである。
    CPAPの処方には再び医療機関に一泊入院して、治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)。
    その結果を持ってCPAPが処方され、レンタルの開始となる
    (4) 中度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群であれば、歯科装具(マウスピース)で治療するケースもある。
    この場合、専門の歯科医が紹介されるのが普通である。
    なお、病院により、(1)を省略して(2)を行うケースや、(2)と(3)を1泊で行うケースもある。
    CPAP処方までには、3割負担で約3万円+病院により差額ベッド代がかかる

    個人輸入
    CPAPを個人輸入したい場合は、睡眠時無呼吸症候群の診断書を取得した上で半年以内に
    https://www.1800cpap.com/
    から購入する。通関時に薬監となるので診断書を元に薬監申請を行う。
    https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iji/kojinyunyu.html


    前スレ
    SAS/睡眠時無呼吸症候群41/CPAP
    https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/body/1553903350/


    【寝るのがコワイ 睡眠時無呼吸症候群】の続きを読む

    昨日心筋梗塞になった私の母は実はいびきがひどかった。
    父の話では全くそのいびきが全く止まっている時もあったと言われている。
    睡眠時無呼吸症候群が進行していたのではないか。

    日本人では、約2000万人がいびきをかいていると言われている。

    いびきには、深酒をしたときや風邪で鼻の通りが悪くなっているときに起こる問題のないものと、何らかの原因でいびきが慢性化して心身にさまざまな影響を与えるものがある。

    その1つが、睡眠時無呼吸症候群である。

    睡眠時無呼吸症候群の人は、目覚めが悪く、日中の眠気が強くなったり、注意力が散漫になったり、夜間のトイレの回数が増えたりする。

    睡眠中の血中酸素飽和度を測定してみると、重症患者では通常の50%台の飽和度しかないことがあり、私も60%だった。これは、エベレストの頂上に立ったときの血中酸素飽和度とほぼ同等である。

    睡眠時無呼吸症候群は心身に影響を及ぼすが、ただの疲れだと思ってしまう人が少なくない。

    母にはこの睡眠時無呼吸症候群の検査を受けさせておくべきだったとも思ったりする。


    「睡眠時無呼吸症候群」が心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす危険性…対策のカギは「体の向き」 - ZAKZAK
    全国で潜在的な患者数が300万人と推定されている睡眠時無呼吸症候群。睡眠中に無呼吸が繰り返し起こるだけでなく、血管や心臓に負担がかかるために心筋梗塞( ...
    (出典:ZAKZAK)


    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である
    19キロバイト (2,901 語) - 2019年7月20日 (土) 11:31



    (出典 www.minamiosaka.com)



    【「睡眠時無呼吸症候群」が心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす危険性】の続きを読む

    一昨年、睡眠時無呼吸症候群の重症と診断された。
    一時間に54回も息が10秒以上止まっていたのである。
    最長は2分。
    それがシーパップをつけてからその晩から治った。
    が、これはシーパップを使用しなければ元の木阿弥である。
    シーパップは毎月4000円のリース代金がいり医者の診察代金もいる。
    それでも止めてしまえば突然死の可能性もあるのでやめることはできない。

    シーパップをつけたらこの通り。
    IMG_20190909_181251




    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である
    19キロバイト (2,901 語) - 2019年7月20日 (土) 11:31



    (出典 t.pimg.jp)



    1 病弱名無しさん :2019/07/10(水) 11:45:49.57 ID:I2aYYZG00.net

    睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)
    無呼吸=10秒以上呼吸が止まってしまうこと
    睡眠時無呼吸症候群=無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態

    睡眠時無呼吸症候群の分類
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群=上気道の閉塞によるもの
    中枢性睡眠時無呼吸症候群=呼吸中枢の障害によるもの

    治療
    大多数が閉塞性であり、その重度なものには、CPAP(continuous positive airway pressure)装置を
    睡眠時に着用する治療が行われる

    睡眠時無呼吸症候群の診断
    睡眠時無呼吸症候群の診断には以下の手順を踏む
    (1) 在宅での簡易検査
    自宅でも検査可能な機器を使って、自宅での睡眠時に検査する。鼻の下と手の指にセンサーをつけて
    計測し、睡眠時無呼吸症候群の可能性を検査する
    (2) 入院検査(終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査)
    午後または夕方入院し、1泊しながらポリグラフという機器で睡眠の状態を精密検査する
    (3) 入院検査で重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断されればCPAPによる治療になる。
    CPAPは、就寝中にマスクを装着して気道に空気を送り続けて、呼吸を継続するものである。
    CPAPの処方には再び医療機関に一泊入院して、治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)。
    その結果を持ってCPAPが処方され、レンタルの開始となる
    (4) 中度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群であれば、歯科装具(マウスピース)で治療するケースもある。
    この場合、専門の歯科医が紹介されるのが普通である。
    なお、病院により、(1)を省略して(2)を行うケースや、(2)と(3)を1泊で行うケースもある。
    CPAP処方までには、3割負担で約3万円+病院により差額ベッド代がかかる

    個人輸入
    CPAPを個人輸入したい場合は、睡眠時無呼吸症候群の診断書を取得した上で半年以内に
    https://www.1800cpap.com/
    から購入する。通関時に薬監となるので診断書を元に薬監申請を行う。
    https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/iji/kojinyunyu.html


    前スレ
    SAS/睡眠時無呼吸症候群41/CPAP
    https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/body/1553903350/


    【睡眠時無呼吸症候群への対策は一生続く】の続きを読む

    このページのトップヘ