私の二つ年上の3歳になる先輩は舌癌で切除手術を受けた。
この先輩は虫歯で歯医者に通っていた。
歯医者から舌に白い斑点があるので癌検診を受けるように勧められた。
結果は舌癌であった。
先輩は歯医者に行っていなかったら発見されずに癌は大きくなっていただろう。
癌はもうすでに自分たちのどこに現れているかわからない。

舌癌 (舌がんからのリダイレクト)
舌癌(ぜつがん)は、口腔癌の一つで、前方2/3(有郭乳頭より前方)と下面の範囲で発生する腫瘍。口腔癌の中で最も多く、報告によっても差があるが、口腔癌全体の30%〜60%を占め、そのほとんどは縁部に発生する。 舌癌とは、前方2/3(有郭乳頭より前方)と
30キロバイト (4,352 語) - 2019年2月28日 (木) 05:49



(出典 www.ginza-somfs.com)



1 豆次郎 ★ :2019/06/21(金) 18:55:20.56 ID:A49MSuWG9.net

6/21(金) 18:51配信
 舌がんと食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが21日、ブログを更新し、手術後に味覚が変わり、食べることができなくなったものを明かした。

 堀は、東京・新大久保にある韓国家庭料理の店に行った。最近のオープンだそうで、堀は「店内は韓国の食堂風で、まるで韓国にいるような錯覚。メニューも豊富です」と気持ちが高ぶったことを表した。続けて、「日本で言うお通し的な、おかず。チャプチェが美味しかったです。是非ともキムチを、味わってみたかったのですが、手術後辛い物が苦手になってしまったので、食べられませんでした」と舌がんの手術を受けて味覚が変わったことを記した。

 しかし、食欲は旺盛で、「甘い豆も、柔らかくて美味しいです」とし、他にホタテ、サラダを食べ、「カルビタンをそれぞれに頼みました。ご飯が付いてくるのですが、コレが一人前を、ペロリと食べちゃいました」と、つづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000108-dal-ent


【堀ちえみ 舌がんの手術後、味覚が変わった…キムチを食べられない】の続きを読む