ちまた健康トピックス

『ちまた健康トピックス』はまとめブログです。
健康への関心や体への悩みを自らの体験を踏まえ画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: スポーツ


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )ライブ ► https://www.prostream24.com/jp-boxing/ は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。広告代理店・マネジメントは株式会社セカンドキャリア。
    83キロバイト (11,440 語) - 2019年5月18日 (土) 22:29



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 豆次郎 ★ :2019/05/19(日) 07:04:20.47

    5/19(日) 5:21配信
     ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ

    (WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで行われ、WBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)に2回KO勝ちし、決勝に進出した。決勝では5階級制覇王者で現WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。

     井上は14年4月にWBC世界ライトフライ級王者、同12月にWBO世界スーパーフライ級王者、昨年5月にWBA世界バンタム級王座を獲得しており、今回のIBF王座獲得で、高山勝成に続く日本人2人目の主要4団体制覇を実現。さらに今回の一戦にかけられた米国で最も権威ある専門誌「ザ・リング」認定ベルトも獲得した。

     決勝で対戦するドネアはアジア人としては初めて主要4団体すべてで世界王者となったレジェンド。14年にWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と挑戦する前にアドバイスをもらった縁があり、対戦を熱望していた。そのドネアが見守る中で圧勝。新元号「令和」の世界戦で日本人勝者1号となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000003-spnannex-fight

    (出典 Youtube)


    ★1がたった時間:2019/05/19(日) 05:24:11.82
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558213593/


    【【ボクシング】井上尚弥、ロドリゲスに2回KO勝ちでWBSS決勝進出 IBF王座獲得で日本人2人目の主要4団体制覇】の続きを読む



    阪神の261日ぶり巨人戦勝利を導いたのは「FJD」を「JFD」に緊急配置転換した矢野監督の機転采配 阪神の261日ぶり巨人戦勝利を導いたのは「FJD」を「JFD」に緊急配置転換した矢野監督の機転采配
    …続出塁記録もストップした。この対巨人今季初勝利を明日へとつなげたい。巨人の先発は、球界ナンバーワン投手の菅野。対する阪神の先発は安定感のある岩田。真価…
    (出典:野球(THE PAGE))



    (出典 portal.st-img.jp)



    【阪神 261日ぶりに巨人に勝つ】の続きを読む


    桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/陸上
    …日、米アーカンソー州フィエットビル)男子100メートル決勝で20歳のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が追い風1・8メートルの条件下、日本歴代2位…
    (出典:スポーツ総合(サンケイスポーツ))


    サニブラウン・アブデル・ハキーム(Abdul Hakim Sani Brown、1999年3月6日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離走。 福岡県出身。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ。父親はガーナ人でサッカーの経験があり、母親は100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会に
    15キロバイト (1,289 語) - 2019年5月12日 (日) 14:59



    (出典 www.jaaf.or.jp)



    【桐生以来の衝撃!サニブラウン9秒99、20歳のいだてんが2人目“壁”突破/陸上】の続きを読む



    出水田大二郎、初優勝の祝賀会は「キャバクラ一晩で100万円」 出水田大二郎、初優勝の祝賀会は「キャバクラ一晩で100万円」
    …以上を使ったことを明かした。 プロ8年目で初優勝した出水田は、選手会長の石川遼(27)が今注目する3選手の1人として紹介され、優勝を決めた瞬間、高校の…
    (出典:ゴルフ(スポーツ報知))


    石川 (いしかわ りょう、1991年9月17日 - )は、埼玉県北葛飾郡松伏町出身のプロゴルファー。カシオ計算機所属。ニックネームは「ハニカミ王子」。男子ツアー世界最年少優勝、日本での最年少賞金王記録保持者。 6歳の頃、父に連れられてゴルフ練習場に行ったのをきっかけに、ゴルフにのめりこむ。小学校時
    47キロバイト (5,067 語) - 2019年4月3日 (水) 03:41



    (出典 dot.asahi.com)



    【出水田大二郎、初優勝の祝賀会は「キャバクラ一晩で100万円」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/05/12(日) 00:45:49.86 ID:rq/hJFac9.net

    陸上・世界リレー大会第1日(11日、日産スタジアム)男子400メートルリレーで、日本(多田修平、山県亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は予選3組で失格に終わった。

    リレーの祭典で新オーダーをテストした。東京五輪での金メダルを目標とする日本は、銀メダルを獲得した2016年リオデジャネイロ五輪で1走を務めた山県を2走、3走を担った桐生をアンカーに起用した。

    これまで山県が務めてきた1走には多田、桐生が担ってきた3走には小池が入った。アンカーで走ってきたケンブリッジ飛鳥(25)=ナイキ=のけがによる欠場もあり新布陣となった。

    テークオーバー・ゾーンの利用により、早い段階でトップスピードに乗れる2走に大黒柱を配し、エースのラストスパートで世界の頂点を目指したが、小池と桐生の間でバトンミスがあり、まさかの予選敗退となった。

    5/11(土) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000581-sanspo-spo

    Egg ★[] 投稿日:2019/05/11(土) 21:55:10.12
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557579310/


    【【陸上】<男子400Mリレー>日本はまさかの予選敗退・・・小池→桐生でバトンミス失格/世界リレー大会第1日】の続きを読む

    このページのトップヘ