シイタケと間違え毒キノコ食べる ツキヨタケで家族3人が食中毒


シイタケと間違え毒キノコ食べる ツキヨタケで家族3人が食中毒 シイタケと間違え毒キノコ食べる ツキヨタケで家族3人が食中毒
福井県は11月15日、福井県勝山市の10~70代の家族3人が毒キノコ「ツキヨタケ」を食べて食中毒を発症したと発表した。3人は嘔吐(おうと)や下痢の症状…
(出典:福井(福井新聞ONLINE))


ツキヨタケは、ハラタケ目ホウライタケ科のツキヨタケ属に属するキノコの一種である。 日本を中心として極東ロシアや中国東北部にも分布し、晩夏から秋にかけて主にブナの枯れ木に群生する。子実体には主要な毒成分としてイルジンSを含有し、そのひだには発光成分を有する。シイタケやムキタケ、ヒラタケ
51キロバイト (7,445 語) - 2019年10月29日 (火) 14:51



(出典 kotobank.jp)


ツキヨタケ他4種類

(出典 Youtube)



【シイタケと間違え毒キノコ食べる ツキヨタケで家族3人が食中毒】の続きを読む