大流行の手足口病、秋になっても侮れない「重症化」事例


【感染症アラート・本格的な流行】伝染性紅斑(りんご病)、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症) 【感染症アラート・本格的な流行】伝染性紅斑(りんご病)、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)
…フルエンザ ▼咽頭結膜熱 ▼溶連菌感染症 ▼感染性胃腸炎 ▼水痘  ▼手足口病 ▼伝染性紅斑 ▼突発性発しん ▼百日咳 ▼ヘルパンギーナ  ▼流行性耳下腺炎…
(出典:ヘルス(感染症・予防接種ナビ))


手足口病(てあしくちびょう、英: Hand, foot and mouth disease; HFMD)は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生する英語病名の直訳に由来する。乳児や幼児によく見られる疾患であるが、成人にも見られる。
11キロバイト (1,415 語) - 2019年11月5日 (火) 02:32



(出典 image.jimcdn.com)



【大流行の手足口病、秋になっても侮れない「重症化」事例】の続きを読む