視力検査で1.0の40代も緑内障のリスク 眼底カメラ検査を


視力検査で1.0の40代も緑内障のリスク 眼底カメラ検査を 視力検査で1.0の40代も緑内障のリスク 眼底カメラ検査を
加齢とともに増える目の疾患で代表的なのは、徐々に視野が欠けていき最悪の場合失明に至る「緑内障」や、水晶体(レンズ)が白く濁ることで視力が低下してしまう「白内障」など…
(出典:ライフ総合(NEWS ポストセブン))


緑内障となる。 慢性閉塞隅角緑内障 房水排出部である隅角が (部分的に) ふさがっている。自覚症状に乏しく、徐々に視野狭窄の症状がおきる。 続発閉塞隅角緑内障 ぶどう膜炎続発緑内障、血管新生緑内障、角膜移植後緑内障、小眼球症、悪性緑内障などがある。 原発開放隅角緑内障 緑内障に一番多いタイプで、約90
49キロバイト (8,228 語) - 2019年6月30日 (日) 10:38



(出典 www.okaganka.com)



【視力検査で1.0の40代も緑内障のリスク 眼底カメラ検査を】の続きを読む