眼科医が指摘する、「老眼」の誤解。そのままだと余計老け顔に
眼科医が指摘する、「老眼」の誤解。そのままだと余計老け顔に
…をお勧めします」とは、『老眼のウソ』(時事通信出版局)など老眼に関する著書が話題の眼科医、平松 類先生。「老眼鏡をかけると老眼が進行する」とか「できる…
(出典:ヘルス(ハーパーズ バザー・オンライン))


老視 (老眼からのリダイレクト)
老視(ろうし)は、目の障害の一つ。老眼(ろうがん)とも呼ばれるが、老視が正式名称。 加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることが遅くなったり、できなくなってくる。 40代から60代初めに自覚されることが多いが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっており、日常
7キロバイト (1,128 語) - 2018年12月17日 (月) 00:36



(出典 www.paperglass.jp)



【眼科医が指摘する、「老眼」の誤解。そのままだと余計老け顔に】の続きを読む