人の顔が覚えられない「失顔症」の私の人生~夫の顔さえ分からない! 人の顔が覚えられない「失顔症」の私の人生~夫の顔さえ分からない!
…相貌失認(そうぼうしつにん)とは、脳の障害のため人の顔を識別できない症状のことで、「失顔症」ともいわれる。人の顔がみんな同じに見え、「夫よりピーナッツバターのほうが見分けられる」という米紙ワシントン・…
(出典:国際総合(クーリエ・ジャポン))


相貌認(そうぼうしつにん、Prosopagnosia)とは、脳障害による認の一種で、特に「を見てもその表情の識別が出来ず、誰のか解らず、もって個人の識別が出来なくなる症状」を指す。 俗に失顔症とも呼ばれる。 頭部損傷や脳腫瘍・血管障害などが後天的に相貌認を誘発する要因となる。 親しい知人の
7キロバイト (1,044 語) - 2019年9月14日 (土) 07:36



(出典 shinshu.fm)



【人の顔が覚えられない「失顔症」の私の人生~夫の顔さえ分からない!】の続きを読む