肝硬変という病気は文字通り、「肝」が「硬」く「変」化する病気です。

慢性の肝障害の進行によって、肝細胞は減少・死滅し、肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰し、ついには死に至るのです。

 医者たちの多くは、「絶対になりたくない病気」の一つに肝硬変を挙げています。それは、肝硬変になると激痛に襲われ、最終的にはベットに縛り付けなければならなくなるほど…だからだそうです。

本来、肝臓は再生能力の高い臓器なので、正常な肝臓であれば、3/4を切除しても、トカゲの尻尾のように再生するのです。そして、肝臓は生体の化学工場とも言われており、栄養の貯蔵や供給、胆汁の生成、アルコールや有害物質の分解など、なくてはならない肝心要の臓器です。

 

 

このように、肝臓は能力の高い生体臓器の優等生なので、それゆえ、あまりにも多くの要求に答え過ぎることで不具合が生じてくることがあるのです。

悲しみを乗り越えて、真央ちゃんがんばれー。

 

浅田 真央(あさだ まお、ラテン文字:Mao Asada、1990年9月25日 - )は、2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手(女子シングル)。 2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。2014年ソチオリンピック日本代表(6位)。2008年、2010年、
116キロバイト (10,092 語) - 2019年8月25日 (日) 10:41



(出典 prt.iza.ne.jp)



【浅田真央の母は48歳という若さで肝硬変で亡くなった】の続きを読む