精神科では強迫的に美容手術を求める患者のことを「身体異形障害(body dysmorphic disorder)」または「醜貌恐怖症」といいます。これは「美」に関心が多いのでなく、精神疾患の一種で一般的には「整形中毒」と呼ばれます。


整形中毒は賭博・アルコール・ゲーム中毒などと同じ、習慣性中毒(addiction)です。 一度「中毒」になれば強迫観念と鬱病を伴うことになります。整形中毒は一般的な観点だとその容貌に大した問題がないように見えるのにも関わらず、本人は「問題がある」と固執する強迫観念があるのです。 三星ソウル病院精神科カン・ウンホ教授は「賭博やアルコール中毒もそうだが一線を超えれば自分の意志では調節できなくなる」「精神的・心理的な問題を解決しなければ整形中毒は何時までも続く」と話しました。


整形中毒にともなう強迫観念は「人が私を面白可笑しく見ている」という考えで始まります。対人忌避症と鬱病も見られます。また症状がひどいと自殺につながったりもします。


ヴァニラ「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感、“全身2億円整形” を語る ヴァニラ「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感、“全身2億円整形” を語る
…んです」ヴァニラ女子の急増、月々の美容費 2018年8月には、そんな“わが道を貫く”ヴァニラさんに憧れて、同様の整形願望を持つ通称“ヴァニラ女子”の特…
(出典:エンタメ総合(週刊女性PRIME))


たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜 東京美容外科(2013年) 『超整形美人』(竹書房、2013年11月7日) ^ “私の何がイケないの? SP(仮) 2013年7月1日(月)”. gooテレビ (2013年7月1日). 2017年10月30日閲覧。 ^ ““整形サイボーグ美女”ヴァニラ「1000万の歯」インパクト大でスタジオざわつく”
4キロバイト (294 語) - 2019年8月24日 (土) 03:13



(出典 livedoor.blogimg.jp)



【整形中毒か? ヴァニラ「ブスが生きづらい日本」で感じてきた違和感、“全身2億円整形” を語る】の続きを読む