気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 薬の話

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    エボラワクチン、臨床研究を開始 国内初、健康な成人に接種 東大


    エボラワクチン、臨床研究を開始 国内初、健康な成人に接種 東大
    …、致死率の高い「エボラ出血熱」のワクチンを開発し、健康な成人男性に接種して安全性と効果を検証する臨床研究を始めると発表した。ワクチンの臨床研究は国内で…
    (出典:科学(時事通信))


    エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、米: Ebola hemorrhagic fever; EHF)は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。 ラッサ熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱と並ぶ、ウイルス性出血熱の一つ。ヒトにも感染し、感染後の治療開始が
    65キロバイト (8,233 語) - 2019年11月14日 (木) 02:38



    (出典 www.technologyreview.jp)



    【エボラワクチン、臨床研究を開始 国内初、健康な成人に接種 東大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「吸うカフェイン」で一休み 気分転換や眠気覚まし JTグループ発売


    「吸うカフェイン」で一休み 「吸うカフェイン」で一休み
    …日本たばこ産業グループのブリーザーは3日、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器「ston(ストン)」を発売した。
    (出典:経済総合(時事通信))


    カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。
    48キロバイト (5,659 語) - 2019年12月3日 (火) 13:49



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    【「吸うカフェイン」で一休み 気分転換や眠気覚まし JTグループ発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    薬価引き下げなら国費900億円抑制見込み 厚労省


    医療機関等で処方される医薬品の価格は、診療報酬の薬価として定められている。 以前は、薬価が実際の医薬品の納入価格よりも高額であったために、医薬品をたくさん処方すればするだけ病院が利益を上げることができた。社会的な問題として「薬漬け医療」の元凶となっていた。 その後厚生省の方針により、度重なる大幅な薬価引き下げ
    13キロバイト (1,920 語) - 2019年5月24日 (金) 07:17



    (出典 www.watakyu.jp)



    【薬価引き下げなら国費900億円抑制見込み 厚労省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    胃潰瘍の治療薬「ニザチジン」に発がん性物質…一部を自主回収


    indigestion) シメチジン(商品名:タガメット、アルサメック錠など) 塩酸ラニチジン(商品名:ザンタック、アバロンZ、三共Z胃腸薬など) ファモチジン(商品名:ガスター、ガスター10など) ニザチジン(商品名:アシノン、アシノンZなど) 塩酸ロキサチジン
    5キロバイト (679 語) - 2019年1月2日 (水) 14:58



    (出典 nk.jiho.jp)


    胃潰瘍の自然な治療法

    (出典 Youtube)



    【胃潰瘍の治療薬「ニザチジン」に発がん性物質…一部を自主回収】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も


    降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も 降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も
    …スを抽出して掲載したものだ。降圧剤で6種類11事例、高脂血症治療薬で3種9事例、糖尿病治療薬で9種24事例ある。◆降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」…
    (出典:ライフ総合(NEWS ポストセブン))


    高血圧治療薬 (降圧からのリダイレクト)
    最初に投与した降圧薬で降圧効果が得られなければ作用機序の異なる降圧薬に変更する。 高血圧の薬物治療は通常、単あるいは低用量の2から開始され、降圧作用が不十分な場合には用量の増大か多への変更、異なる作用機序を持つ降圧薬との併用療法などが行われる。
    34キロバイト (5,261 語) - 2019年8月17日 (土) 21:46



    (出典 www.news-postseven.com)



    【降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も】の続きを読む

    このページのトップヘ