気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 糖尿病

    やはり遺伝はあると思う。
    体質的に遺伝するというのもあるかもしれないが
    性格的な遺伝もあるのではないだろうか。
    不規則な生活、暴飲暴食などそういった日々の生活スタイルが遺伝しているような気もするのだが。
    自分のおじいさんを見ているとそう思えてならない。

    糖尿病になるリスクが高い生活って何?(忍び寄る糖尿病3) - asahi.com
    日本には糖尿病の患者と糖尿病の可能性を否定できない、いわゆる予備群の人たちと糖尿病の人を合わせると、2050万人いると推計されています。忍び寄る糖尿病 ...
    (出典:asahi.com)


    糖尿病 (血糖発作からのリダイレクト)
    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわ
    62キロバイト (7,967 語) - 2019年5月9日 (木) 04:15



    (出典 www.pocorin.com)



    【血糖値をうまくコントロールできないのは遺伝かも?】の続きを読む

    私はよくポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲んでいた。
    しかしこのスポーツドリンクには砂糖類などの糖分がかなり入っている。
    運動が糖尿に良いというので運動をする。
    そしてスポーツドリンクをたくさん飲む。
    結果、血糖値はあまり下がらず糖尿病は改善しないのである。
    知ってからはスポーツドリンクを飲まないようにしている。
    ただし、スポーツドリンクには他に必要な栄養素もたくさん含まれているので全く飲まない方がいいというわけではない。
    飲み過ぎないようにすることだ。
    血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない|ニュース・資料室 - 糖尿病ネットワーク
    国内外の糖尿病関連情報をスピーディーにお届けします。配信したニュースはテーマ別にまとめられ、患者さん、医療スタッフほか、どなたでも閲覧可能です。
    (出典:糖尿病ネットワーク)


    運動療法 (カテゴリ 糖尿病)
    糖尿病・高脂血症等)に効果的とされている。 関節可動域、筋力、協調性の改善 肺活量の増大 最大酸素摂取量、最大酸素負債量の増加 心拍出量の増加と心拍数の低下 運動時の血圧上昇が低く抑えられる 糖代謝の改善 脂質代謝の改善 (その他、体を動かさない生活を参照) 糖尿病
    11キロバイト (1,517 語) - 2017年3月18日 (土) 12:28



    (出典 www.asahicom.jp)



    【スポーツドリンクの飲み過ぎは糖尿病にとって良くない!】の続きを読む

    私は糖尿病が悪化し
    50歳で全然勃起しなくなったことがある。
    やる気はあるのに勃起しない。
    これはホントにつらいものがある。
    バイアグラなどの薬もあるが実はこの薬もあまり効かなくなる。
    やはり適切な食事と運動で血糖値を下げることが
    全てにおいて健康で幸せな生活を送られる基礎となる。

    40~50代は要注意! 糖尿病がEDを引き起こす!? - dot.
    糖尿病の患者は予備軍も含めて2千万人以上いると推測されている。しかも、長くつき合っていかなければならない病気だからこそ、正しい知識と新しい情報をしっておきたい ...
    (出典:dot.)


    勃起機能障害(ぼっききのうしょうがい)、勃起障害(ぼっきしょうがい)、陰萎(いんい)などとも呼ばれる。 また、これらの人の対処法についても話し合いが進んでいる。 勃起困難、硬度不足などのほか、勃起の維持も診断の基準となっており、性交の途中であるにも拘らず性交渉の完了まで充分な勃起
    38キロバイト (6,045 語) - 2019年5月17日 (金) 04:24



    (出典 www.dm-net.co.jp)



    【糖尿病が悪化すると勃起しなくなる】の続きを読む

    糖尿病による眼底出血のコワさは
    目だけに起こっている現象ではなくて
    全身のどこかの血管でも起こっている可能性があるということだ。
    必ずしもと言うわけではないが
    重要な前兆サインとなる場合があるので気おつけておこう。

    目の毛細血管がボロボロに…高血圧や糖尿病の「失明」リスク | 富裕層向け資産防衛メディア - 幻冬舎ゴールドオンライン
    今回は、高血圧や糖尿病が目に及ぼす悪影響について見ていきます。※いくら見た目年齢を若く保っても、「目の老化」は避けて通ることができません。50歳を過ぎれば、 ...
    (出典:幻冬舎ゴールドオンライン)


    眼底出血(がんていしゅっけつ)は網膜表面の血管の破綻や閉塞することで起こる網膜の出血である。 出血の量自体は微小で貧血などの原因となるものではないが、重度の視力障害を来すこともある。 出血量、出血部位、出血位置、出血後の血行動態等により視力予後が変わる。 網膜組織の部位により 網膜前出血 網膜色素上皮下出血
    1キロバイト (176 語) - 2015年1月29日 (木) 13:38



    (出典 pbs.twimg.com)



    【糖尿病による眼底出血のコワさ】の続きを読む



    非アルコール性脂肪疾患(ひあるこーるせいしぼうせいかんしっかん、英語: non-alcoholic fatty liver disease, NAFLD)とは、脂肪肝の原因のひとつであり、アルコール依存症以外の原因によって肝臓に脂肪が蓄積している (脂肪変性) 場合に生じる。NAFLD は先進国で最も頻度の高い肝障害である。
    5キロバイト (577 語) - 2018年12月4日 (火) 04:56



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    【とっても怖い隠れ脂肪肝】の続きを読む

    このページのトップヘ