気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 糖尿病

    私も血糖値が350になったことがあったが
    清原には負けました。
    900って普通の人間なら瀕死の重症かと思いますが…。
    体 大事にしましょう!

    命が危ない重症!清原和博被告の糖尿病は血糖値900とありえない数値



    【命が危ない重症!清原和博被告の糖尿病は血糖値900とありえない数値( ゚Д゚)】の続きを読む

    30代中盤に糖尿病教室に通った。
    その時に今の自分の生活スタイルを問われ先生からこのままでは5年から10年後にあなたは糖尿病になりますと予言された。
    教室の後少し気を付けたがやはり生活習慣と言うものは治らない。
    私は五年ぐらいして糖尿病と診断され後悔することになった。
    とにかく夜のみに出歩くことがすべてにおいて悪循環になっていたようだ。

    どうすれば安全安心:肥満でなくても糖尿病に 肝臓、筋肉の脂肪が影響 - 毎日新聞
    生活習慣病である2型糖尿病は「太った人の病気」とのイメージが強いが、それは間違いらしい。日本を含むアジア人では、痩せた人でも欧米人より発症リスクが高いことが、 ...
    (出典:毎日新聞)


    糖尿病の診断でよく用いられるHbA1cは5.8%以下で正常、6.5%以上で糖尿病と言われているが、OGTTに基づく診断では正常型、境界型、糖尿病型の各型とも広範囲に分布するためオーバーラップすることが多く、境界型糖尿病の診断や糖尿病の否定などには用いることができないといわれている。 境界型糖尿病
    5キロバイト (845 語) - 2018年2月27日 (火) 05:04



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【糖尿病教室で予言された通り糖尿病になった自分】の続きを読む

    20代の体重から10キロ以上増えたらって・・・
    余裕で増えていますが。
    そのころから一番何が変わったかと言うと
    酒を飲むようになったこと。
    酒を飲むと食欲が旺盛になり
    〆のラーメンと言うのがきっと地獄への一里塚になったんだと思う。
    今日は運動をしたから余計目に食べても大丈夫だとか
    ましてや薬を飲んでいるから大丈夫と言うのは
    言語道断だろう。

    とにかく
    生活習慣を断ち切るためには
    強い精神が必要である。


    20代の体重から10キロ以上増えたら「生活習慣病」黄信号! - ダイヤモンド・オンライン
    生活習慣病は、日々の習慣が引き起こす病気。「習慣」が引き起こす病気は、「習慣」の改善でしか治す方法はありません。『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)に ...
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)


    生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称で
    18キロバイト (2,612 語) - 2019年5月14日 (火) 06:22



    (出典 www.asahicom.jp)



    【20代の体重から10キロ以上増えたら「生活習慣病」黄信号!】の続きを読む

    40歳ぐらいの時だったか
    パソコンを見ていたら
    突然左目の前に薄墨を水に垂らしたようなものが広がり左目が見えなくなった。

    これは大変なことが起こったと思って医者に行ったら「硝子体剥離」だと言われた。
    目の玉には卵の白身のような硝子体と言うものがあるが
    それが背後から脱落して外れていっているのだという。

    こうなったらちゃんと完全に外れるのを待つしかないのだ。
    完全に外れればまたそこに液体がたまって差支えは無いとのことだった。

    まれにはがれていくときに網膜を破ると大変なことになり失明の危機もあると言われた。
    幸い私のはちゃんと全部剥がれたので医者からは良かったですねと言われた。

    原因は老化現象とのことだったが40と言うのはまだ若い。
    やはり糖尿病が原因ではないかと個人的にはその時思った。

    硝子体が剥がれていくときにはピカピカと光が反射するような現象が起こる。
    このようなことが起きたらすぐに医者に行った方が良いと思う。

    薄墨のような飛蚊症は徐々に消えていきやがて気にはならなくなるが
    20年経った今でも完全にはなくなっていない。

    辛坊氏 左目不調で診断「後部硝子体剥離」と明かす 網膜剥離につながる恐れも 辛坊氏 左目不調で診断「後部硝子体剥離」と明かす 網膜剥離につながる恐れも
    …(63)が左目の不調を訴え、8日に大阪市内の病院で検査したところ「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」と診断されたことが10日、分かった。ツイ…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    固術において、短期間に大量のレーザー照射を行うと黄斑浮腫のリスクが高まる。そのためある程度の期間をおいて数回に分けて施行する。 硝子体手術 手術の主な目的は後部硝子体剥離の作成にある。一般には増殖型網膜症に行われる。術中レーザー光凝固術を施行することもある。黄斑浮腫軽減を目的に早期に手術を行うこと
    9キロバイト (1,417 語) - 2019年4月23日 (火) 08:25



    (出典 www.tokeidaihosp.or.jp)



    【失明の危険もある硝子体剥離】の続きを読む

    「笑いが糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果が」
    のニュースを見てできるだけ笑うことに心がけようと思った。
    確かに陰鬱にうじうじしていては健康にはよくないと思う。
    笑うことで血糖値が下がるのならこんな良い話はないだろう。
    私は一日一回はYouTubeで漫才や落語などを見るようにしている。



    「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果が|ニュース・資料室 - 糖尿病ネットワーク
    国内外の糖尿病関連情報をスピーディーにお届けします。配信したニュースはテーマ別にまとめられ、患者さん、医療スタッフほか、どなたでも閲覧可能です。
    (出典:糖尿病ネットワーク)


    し微小血管に障害を与え生体に有害であるため、インスリンなどによりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。 血糖値は、通常の状態では血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンの作用によって調節されている。食事後血糖値が上昇すると、グルコースはGLUT2トランスポーターまたはGLUT1トラン
    13キロバイト (1,980 語) - 2019年5月14日 (火) 04:43



    (出典 kamakura-charlir.c.blog.so-net.ne.jp)



    【「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果が】の続きを読む

    このページのトップヘ