気になる病気トピックス

『気になる病気トピックス』はまとめブログです。自分のかかった病気の体験談を画像や動画をおりまぜながら掲載しております。

    カテゴリ: 糖尿病

    糖尿病で入院したときに
    たまたま腎盂腎炎にかかってしまい夜だけ熱が39度出た。
    医者からは即点滴を打ちますといわれた。
    点滴の針は一週間の入院中はずっと刺しておかなくてはならないらしい。
    刺している間は気持ちは悪いが痛くはない。
    だが、点滴の針を手首の上に差す時と、今度終わって抜くとき、これは涙が出るほど痛かった。

    008

    なんだー( ゚Д゚)

    [作家 室井佑月さん]糖尿病(2)多く食べても痩せてゆく - 読売新聞
    2005年に 膵臓(すいぞう) を3分の2摘出した手術の傷は、数か月もすると、目立たなくなった。同時に、手術のことはすっかり忘れていた。 「いいなぁ。こんなに食べているの ...
    (出典:読売新聞)


    室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年227日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション→オールラウンド所属。 製薬会社のMRの父と元ホステスの母の間に生まれる。父親が愛人を作り、以来母子家庭で育つ。栃木県立石橋高等学校卒業。
    10キロバイト (1,031 語) - 2019年5月3日 (金) 13:25



    (出典 cdn.asagei.com)



    【室井佑月さん 糖尿病】の続きを読む


    荒武者レスラー谷津嘉章、糖尿病で「右足切断」を告白
    荒武者レスラー谷津嘉章、糖尿病で「右足切断」を告白
    …「参ったよな。足を切られちゃってさ。でも、まだ無意識に立とうとしちゃうんだよ。足がないのを忘れて」 衝撃的な告白とともに、右足膝下を切断した姿をカメラの前にさらしてくれたのは、プロレスラーの谷津嘉章(…
    (出典:エンタメ総合(SmartFLASH))


    谷津 嘉章(やつ よしあき、1956年7月19日 - )は、日本のプロレスラー。 長髪に無精ひげを生やしてサイドにJAPANと描かれた(但し、そのいでたちは海外遠征中で日本では殆どJAPANの文字は無しのタイツ。逆にマサ斉藤は日本でも、その文字はあった)膝部分までのロングタイツ(俗に「田吾作スタイル」と呼ばれる)がトレードマーク。
    22キロバイト (2,960 語) - 2019年7月1日 (月) 22:58



    (出典 dradition.jp)



    【荒武者レスラー谷津嘉章、糖尿病で「右足切断」を告白】の続きを読む



    (出典 hochi.news)



    1 シャチ ★ :2019/06/29(土) 09:38:56.96 ID:p6Zik3er9.net

     今年2月に55歳の若さで亡くなった元60代横綱・双羽黒こと北尾光司さんの妻で精神科医の淑恵さん(55)が28日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で初のテレビ出演。夫との波乱に満ちた人生、壮絶な闘病の様子を明かした。

     北尾さんは1986年の名古屋場所後、幕内優勝の経験がないまま22歳で横綱にスピード昇進。87年12月には所属する立浪部屋とのトラブルや付け人への暴行問題などが原因で引退した。現役横綱の廃業は世間を騒がせ、激しいバッシングを浴びた。その後はプロレス、総合格闘技界にも活躍の場を求めた。

     淑恵さんは交際中だった北尾さんから廃業直後にプロポーズされ「今こそ支えるとき」と決意して結婚。北尾さんがスポーツ冒険家としてテレビ旅番組に出演したり、悪役プロレスラーとして活躍する姿を見守った。仕事を失い、金銭トラブルに巻き込まれることもあったが、2003年9月に北尾さんは立浪部屋と和解し、部屋の相談役として角界に復帰。しかし、その直後に不幸が訪れた。

     日曜大工の際、北尾さんは右足首に擦り傷を負う。しかし数か月たっても治らず、医師の治療を受けても化膿が進んだ。電気ストーブで足が「焦げている」状態なのに気づかず、感覚も麻痺するようになった。化膿は左足にも広がり「重度の糖尿病」と診断される。暴飲暴食などが原因だった。医師は「両脚の膝下の切断」が必要と告げたが夫妻は断った。淑恵さんは「自分は医者なのに申し訳なかった」と振り返る。

     淑恵さんは別の病院を探したが入院を拒否され、自宅介護の日々が始まった。仕事を辞めて24時間、身長2メートル、体重40キロ(当時)の北尾さんを介護し続けた淑恵さんだが、そのうちに自分も椎間板ヘルニアを発症。地獄のような生活になり、北尾さんは自殺未遂も繰り返したという。

     「毎日、目が離せなくて、ゆっくり眠るころができなかった」と淑恵さん。北尾さんは病状の進行とともに腎機能が低下し、今年2月10日に慢性腎不全で死去した。本人の希望で2月14日に家族葬を行い、3月28日に納骨を済ませた。

     北尾さんは最後の入院中「自分は骨にならないと家には帰れないから、撮っておけ」とビデオで自分の姿を撮影するよう求めた。番組では「*でも愛している」という淑恵さんへのメッセージも紹介された。北尾さんとの波乱の人生について淑恵さんは「好きだから別れようとは思わなかった」と話している。

    6/28(金) 20:57配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00000233-sph-spo
    画像 1989年、プロレスラーへの転向を発表したころの北尾光司さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    2019/06/28(金) 22:34:04.83
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561728844/


    【【大相撲】2月に死去した北尾光司さん、重度の糖尿病で両脚切断を告げられていた…妻が壮絶な闘病を明かす】の続きを読む

    一昨年に私が前立腺がんで入院しているときに
    40歳ぐらいの男性が緊急入院してきた。
    その方と話をしたが
    「急に体がだるくなって動けなくなったので医者に来たら即入院させられた」
    とのことだった。体は中肉中背でむしろ痩せている感じだ。
    翌日彼とまた話をすると「一型糖尿病でした」という。
    血糖値が600ぐらいあったらしい。
    そんなの今までわからなかったのかいと私が聞くと
    彼は恥ずかしそうに
    「私働いたことが一度もないんです。高校出てからずっと家にいましたので」
    という。
    だから人間ドックなど受けたこともなかったのだと。
    話をすると引きこもりでもないらしい。
    どうも社会に出て働くという気になれないままこの40歳まで来てしまったとのことだ。
    実家は不動産屋をしているので経済的には何ら問題はない。
    と彼は言う。
    漫画をたくさん持ってきたので読んでくださいと差し出されたが
    私は漫画は読まない。
    世の中にはいろいろな人がいるものだと思った。

    糖尿病患者とナッツ 摂取多い人の死亡リスク低く|ヘルスUP|NIKKEI - 日本経済新聞
    2型糖尿病[注1]と診断されている人々のナッツの摂取量と、その後の死亡や心血管疾患の発症との関係を調べた米国の研究で、ナッツの摂取量が多い人ほど、死亡リスク ...
    (出典:日本経済新聞)


    管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。 糖尿病患者の90%は2であり、これは予防可能な病気である。2型糖尿病の予防や軽減には、健康的な食事、適度な運動、適切な体重管理、禁煙が有効である。 世界における有病率は9%であり3億4
    62キロバイト (7,967 語) - 2019年5月9日 (木) 04:15



    (出典 img.furusato-tax.jp)



    【入院してきた若い男性は一型糖尿病だった( ゚Д゚)】の続きを読む

    このページのトップヘ